検索結果 61 件

by 青色つきこ
2024年4月24日(水) 09:39
フォーラム: 古スコ/Old Telescope
トピック: SOLIGOR
返信数: 13
閲覧数: 1096

Re: SOLIGOR

みなさま、こんにちわ。
ガラクマさま、こんにちわ。

商標登録から調べていくと、どこが輸出に関わっていたのか、ある程度のヒントになります。
東洋実業は、スカイローパー、スカイチーフ、ブッシュネルトリプレットとかいろいろ登録
しています。SPIもそうです。
MONOLUXは、直接、登録しています。

興味深く思っているのは、メイフラワーですが、日吉光学が登録しています。
こちら方面からの調査結果は、別スレでいずれ報告したいと思います。

AIC、ミランダ、アリマツの関係については、いずれ改めて、トキナーとの関係を含めて整理して投稿します。
by 青色つきこ
2024年4月21日(日) 14:29
フォーラム: 古スコ/Old Telescope
トピック: SOLIGOR
返信数: 13
閲覧数: 1096

Re: SOLIGOR

以前の「Soligor 60mm x 1000mm」についてはガラクマ様が紹介されていますので、追記しておきます。 念の為、最初にお断りしておきますが、今回のSOLIGORとは別として以前の続きと考えて下さい。 (最後にはつながるかもしれませんし、話がややこしくなるので) ここからは、以前の「Soligor 60mm x 1000mm」の追記です。 ①と②はCharlie Bさまが投稿されていたものです。 ①からは販売者がINTERSTATE PHOTO SUPPLY CORPORATIONであることがわかります。 また②は望遠鏡の接眼体に刻まれているSoligorの字体です。 ③がINTER...
by 青色つきこ
2024年4月07日(日) 12:02
フォーラム: 古スコ/Old Telescope
トピック: 難関!「GENERAL GATAROGUE 部理代学科の供子報画学科」の望遠鏡
返信数: 26
閲覧数: 1902

Re: 難関!「GENERAL GATAROGUE 部理代学科の供子報画学科」の望遠鏡

みなさま、こんにちわ。 中村要氏のハーシェル・ニュートンは、とても魅惑的です。 中村要氏の「反射望遠鏡」(恒星社、昭和17年刊)は、製作方法のみならず望遠鏡についての知識にあふれています。 ご存知のように木辺成麿氏が補筆されております。名著です。 子供の科学代理部の5センチ反射天体望遠鏡の販売開始時期については、私の調べられる範疇外なので、把握しておりませんが、それでも推測としては、1933年or1934年と考えています。 これには、中村要氏のオリジナル・ハーシェル・ニュートン鏡を組み込んでいるはずもないし。 「子供の科学」誌には新発売品のおしらせという形でも記事が載せられているでしょうから、...
by 青色つきこ
2024年4月05日(金) 01:06
フォーラム: 古スコ/Old Telescope
トピック: 難関!「GENERAL GATAROGUE 部理代学科の供子報画学科」の望遠鏡
返信数: 26
閲覧数: 1902

Re: 難関!「GENERAL GATAROGUE 部理代学科の供子報画学科」の望遠鏡

みなさま、こんにちわ。 HM5cm鏡に関して、ノートには次の様に書かれている「硝子材の標準は54mm、 研磨面52.5mm、有効表面51mm、 厚さ 9mm±1.5mm、焦点距離700mmで、鉄ザラ、ガラス板を混用し、3個同時に製作する。原鏡は直径60mm、 有効径 58mmのガラス材を用い、磨きは上向きで始め、30分の後下向きにして、ハイパラボラとしてセンターを上 げ、最後の整型を行なう。表面は通常製作後、方法上止むを得ざるターンダウンを除く為に、直径54mm、有効径 52mm迄切り取る。従って、はなはだしく有害なターンダウンは存在せざるはず。」 (高橋健一「故中村 要の光学ノート(1)」『...
by 青色つきこ
2024年4月03日(水) 09:48
フォーラム: 古スコ/Old Telescope
トピック: 難関!「GENERAL GATAROGUE 部理代学科の供子報画学科」の望遠鏡
返信数: 26
閲覧数: 1902

Re: 難関!「GENERAL GATAROGUE 部理代学科の供子報画学科」の望遠鏡

みなさま、こんにちわ。 富田さま、こんにちわ。 私が調べていたことを追記しておきます。 最初に石原錠太郎氏に興味を抱いている方がおられたのは、今後の調査にも心強いかぎりです。 石原錠太郎氏の実用新案を添付しておきます。 氏の住所は、本郷区駒込林町238ですが。 天文月報1927年12月号に日本天文学会会員名簿があります。 興味深いのは、中野善雄という方の住所が本郷区駒込林町238石原錠太郎方になっていることです。 中野善雄氏については、特定にはいたりませんが、昭和7年頃に京大農学科に入られた方 ? 日本天文学会から追跡できたら、はっきりすると思いますが。 中野善雄氏、富田さまご存知ありませんか...
by 青色つきこ
2024年4月02日(火) 09:16
フォーラム: 古スコ/Old Telescope
トピック: 難関!「GENERAL GATAROGUE 部理代学科の供子報画学科」の望遠鏡
返信数: 26
閲覧数: 1902

Re: 難関!「GENERAL GATAROGUE 部理代学科の供子報画学科」の望遠鏡

みなさま、こんにちわ。 ガラクマ様、こんにちわ。 戦前の光学機器メーカーとくれば、日本光学工業、五藤光学研究所.................。 やはり、吉岡氏のところとか、アース光学とか。井上光学工業とか。 井上氏が藤井レンズ製作所の勤務を経て大正5年頃に井上秀商店を立ち上げ、合名会社 井上光学工業に発展しました。後に株式会社に改組。 (時期的に国家総動員法の発令も関係あるのでしょうか) 確かに三吋天体望遠鏡も作っていたようです。 双眼鏡が主体のようです。 「子供の科学」広告にはコロナ望遠鏡というものが記載されていますが、興味深いのは サンスクリーン付きとあることです。 シリウス望遠鏡には...
by 青色つきこ
2024年4月02日(火) 08:31
フォーラム: 質問/Question
トピック: サークルTは何なのでしょうか
返信数: 2
閲覧数: 554

Re: サークルTは何なのでしょうか

みなさま、こんにちわ。

ガラクマ様、資料の掲載、ありがとうございます。
アイピースでいえば、やはり思い浮かぶのは谷光学研究所ですよねぇ。

なお、スイフトのアイピースの刻印は写真のとおりです。
左側は、スイフトのオルソ4mmと谷オルソ5mmを並べてみました。
右側は、スイフトのトリプレーン6mmで箱の裏側にはメイドインジャパンと記載されています。
by 青色つきこ
2024年3月31日(日) 12:18
フォーラム: 質問/Question
トピック: サークルTは何なのでしょうか
返信数: 2
閲覧数: 554

サークルTは何なのでしょうか

曇天会議のみなさま こんにちわ。 以前より気になっていたことではありますが、 改めて(古スコの)天体望遠鏡やアイピースにつけられているサークルTは何を意味しているのでしょうか。 とりわけ、Swiftの屈折式赤道儀 Model No.831,838,839の別売アイピースにはサークルTが彫られています。 Swiftの屈折式赤道儀 Model No.831,838,839が販売された時期は1960年頃からですが、当初からサークルT が彫られていたかは不明です。 また、1960年以前に輸出された天体望遠鏡のラベルにもサークルTが刻印されているものがあります。 見方によっては、アルファベットのOとTの...